Wimaxに期待することといえば

ロゴ
トップページ
<どこでもネットに接続できる>
家や会社など、限られた空間でだけネットをしていた時代は終わりました。 今は、モバイル端末でもすさまじいスピードでネット通信ができるので、ハイスペックのゲームなどがいとも簡単にできてしまいます。 また、データ通信の速度がかなり速いので、大容量のデータをやりとりすることが可能であり、動画サイトなどもさくさくと見ることが可能です。 こうした時代の変化はいろいろな所に現れており、私たちのネット接続の仕方も確実に変化しています。 モバイル接続は便利ですが、業者さんによっては一定量の通信量を超えると、そこからがくんと通信スピードが制限され、一気に快適でなくなってしまうものがあります。 これだと使っている人もあまりいい気分はしないでしょう。 それを克服したのがWimaxです。 これはワイヤレスのネット接続サービスとして最近注目されているもので、持ち運び可能なルーターを使って、どこでもネットに接続できる優れたサービスとして知られています。 利用料金が自宅で接続するプロバイダよりかなり安く、しかも持ち運びも自由にできる便利なサービスとして、このWimaxには多くの人から期待が集まっています。 まだ普及したてで、カバー範囲が狭いことや、通信が安定していないことも課題なので、これらが克服されることに利用者の期待が集まっているのです。 このサービスは通信量制限がないので、いくらでも通信ができる点で、モバイル接続より数段優れており、次世代を担う接続サービスと呼べるでしょう。

<帯域制限の無いwimaxならヘビーユーザーも納得>
ブロードバンド・インターネットという高速通信という環境が格安で、ごく普通の一般家庭にも導入されるようになり、ADSLや光ファイバーケーブルを屋内に導入して使用する事が当たり前の時代が到来しました。 しかし技術文化は進化するもので、インターネット接続環境においてもそれは例外ではありません。 屋内だけでなく屋外でもインターネットを利用したいという需要も増加してきて、モバイル・インターネットという新分野が開拓され、幾つかの企業からサービスが登場しました。 しかし問題も新たに出てきました。 それはヘビーユーザーと言われる、毎日の様にインターネットのSNSや動画サイト等を閲覧したり、巨大なデーターをダウンロードやアップロードするという人達が出てきた事です。 その対策として、皆に公平に帯域を扱えるようにする為に回線業者側は、一定のパケット量を超過した場合は低速の128Kbps等に制限するというルールを課している業者が多くあります。 そこに登場したのがwimaxであり、動画サイトを見まくる等の行為をしたとしても、通信制限や帯域制限をすることはありません。 その様に聞けばきっと他社よりも月額料金が割高なのではないかと考える人がいるかも知れませんが、どんなに使っても月額2,856円(税抜)ですので、ヘビーユーザーも納得出来るでしょう。 そして今ならWimaxのモバイルルーターや、モバイルルーターとタブレット端末やパソコンのセットされたものが無料ですし、更には家族・友人・恋人等同士で自由に使用可能な2台目の端末も貰う事が出来ます。


Copyright(c) Wimaxに期待することといえば. All right reserved.